転職活動を目的として会社を辞めてしまう決断を下す前に読んでください

先に辞めてしまう必要性はある?

 

 「転職活動をしたいから、会社を辞める」という人が結構います。それは果たして正しい選択と言えるのでしょうか。それを探るには、先に会社を辞めてしまう必要性を考えなければなりません。

 

 退職してから転職活動に取りかかろうとする人の多くは、こう言います。「仕事をしていない方が、転職活動のための時間が確保しやすいから」と。

 

 少し勘違いしているようです。転職は、時間がたっぷりあるから成功するわけではありません。その人の能力や実績といったものを認めてもらえるから転職できるのです。むしろ、会社を辞めないと転職活動に集中することができないという人を、どこの企業が積極的に雇いたいと思うでしょうか。

 

 確かに在職中はなかなか時間が取れず転職活動に時間を割けないという現実はあるでしょう。それでも、その人に人材としての魅力があれば、必ず転職は実現するはず。

 

 つまり、先に辞めてしまう必要性、特に多くの人が頭の中で考えている必要性は、実はないと考えておくべきと言えるのです。

 

辞めない必要性はあります

 

 逆に、転職活動をするにあたって会社を辞めない、これには大きな意味があると考えられます。

 

 例えば、収入をこれまで通り維持することができますし、キャリアに空白期間を作らず転職を実現できることにも大きな意味が出てくるでしょう。在職中の転職活動を通じて、自らの調整能力をアップさせる効果も期待できますし、もしそのまま転職することができれば、大きな自信にも繋がるはずです。

 

 転職活動も仕事の一部と捉えるべき。そう考えられる人は自ら時間を生み出し、転職活動を前へと進めるはず。その結果をしっかりと受け止めることで、社会人としてさらに成長することができ、転職市場においてもその価値が非常に高まっていくと考えられます。

 

 確かに迷ってしまいがちな、転職活動は在職中か退職後かという問題。しかし、ここまで読めば、在職中の転職活動の方があなたにとって有益であり、転職にとっても意味が出てくるということがわかるのではないでしょうか。

 

 

 

【関連記事】


トップページ 役立つ40歳転職5つの流れ おすすめ転職サイト