応募書類を送る際のポイント

応募書類を郵送するときのマナー

 

 企業に届く封筒は、求職者が採用担当者と初めて出会う場となります。封筒の色やサイズに問題があったり、宛名の書き方が間違っている時点で、中身を真剣に読む気持ちがなくなってしまいます。

 

 職務経歴書を折らずに封入できるサイズの白色の封筒に、ビジネス文書と同じように宛名を書くことを徹底してください。言うまでもないことですが、企業あるいは部署宛てか、担当者個人宛かで、宛名の書き方は変わります。

 

 また、封筒の左下に「応募書類在中」と朱書きするのもマナーです。封筒は糊付けしてから〆印か割り印をして、郵便番号欄の上に郵送する日付を入れるのも、忘れないでください。

 

 封筒に書く名称は略字はすべて不可ですので、住所、会社名なども丁寧に記載してください。

 

応募書類を送るときの注意点

 

 応募書類は、必ず期日に間に合うように送る必要があります。また、応募書類の枚数や封筒のサイズによって重さも異なりますから、郵便料金が適切かどうかも、チェックしておく必要があります。

 

 応募書類を郵送する際には、必ず郵便局に持ち込み、料金不足などがないように発送しましょう。その際、期日までに届くかどうかを確認し、場合によっては速達で送るようにしてください。

 

 

【関連記事】


トップページ 役立つ40歳転職5つの流れ おすすめ転職サイト