40歳だから気をつけたいマナー

社会常識としてのマナー

 

 40歳で転職のための面接に出かける前、面接マナーを見直している求職者は、はたしてどれくらいいるのでしょうか。「自分は外回りの仕事をしているから、マナーは大丈夫」と安心している求職者ほど、面接マナーの基本を忘れている傾向が強いのです。

 

 面接室に入室するときに鳴らすノックの回数は何回が適切なのか、お辞儀の角度は何度が礼儀にかなっているのか、椅子のどちら側に立つべきなのかに、あなたは即答できますか?

 

 できないのであれば、転職サイトのノウハウ集などのコンテンツを検索し、入退室のマナーを読み直してください。こうした社会常識が身に付いていない時点で、面接では減点されることを覚えておきましょう。

 

質疑応答時のマナー

 

 40歳以上のミドル世代が面接で気をつけたいことに、コミュニケーションのとり方があります。いかにキャリアと実績を積んできたとしても、入社後は新入社員になります。

 

 すでに働いている社員と、協調性を持って働けるかどうかを、面接の質疑応答ではかっているのです。面接官の質問に的確に回答できなかったり、自説を滔々と話し続ける時点で、空気が読めないひとと判断されます。

 

 面接官と会話のキャッチボールをすることを意識して、面接に臨んでください。

 

 

【関連記事】


トップページ 役立つ40歳転職5つの流れ おすすめ転職サイト