志望動機で面接官の興味をひく

志望動機の語り方の基本

 

 面接で志望動機を話すときには、履歴書では書ききれなかった要素を盛り込むことが不可欠です。ですが、長々と話した時点で、面接官は聞く気持ちをなくしてしまいがちです。

 

 だからこそ、志望動機の語り方の基本に即して、できるだけコンパクトに話ができるように準備しておくことをおすすめします。志望動機はまず、理由を最初に語ることから始めます。

 

 そして、志望する理由の根拠となる過去のエピソードを説明し、応募企業の魅力を語り、結びとして過去の経験によって入社後にどんな貢献ができると考えているのか、どんな仕事をしていきたいのかを、話すのです。この順番で話すことで、相手に伝わりやすくなるはずです。

 

企業が求める人物像にマッチする点をアピールする

 

 そして40歳の場合、高い人件費に見合うよう、個人として成果を上げるだけなく、管理職として組織運営を行うことで、より大きな業績につなげていくことも求められます。

 

 マネジメントやコーチングなどのスキルを活かして、企業が目指す職場づくりにいかに貢献しているのかを、具体的なエピソードをそえて話すのも、面接官の関心をひくテクニックの一つです。

 

 応募企業の事業ビジョンにリンクする形で、自分がいま何ができて、今後何を目指したいのかを話してみてください。

 

 

 

【関連記事】


トップページ 役立つ40歳転職5つの流れ おすすめ転職サイト