面接対策が明暗を分ける

事前準備をきちんと行う

 

 転職面接は、事前準備にどれだけ時間をかけたかが勝負です。業界や職種でのキャリアが長いからと、下調べをせずに面接に臨むと、業界動向や市場の変化、応募企業のシェアと改善ポイントなどについて質問されたときに、的確に回答できません。

 

 40歳の中途採用者を教育する時間も費用もかけるつもりがない企業には、こうした応募者は不要な人材です。自分を入社させるメリットを感じさせるためにも、きちんと事前準備は行っておきましょう。

 

模擬面接で自分の態度をチェックしておく

 

 40歳以上のミドル世代が注意したいことの一つに、接遇態度が悪い応募者が少なくないことがあります。面接室に入ってくるときから、お辞儀がぞんざいだったり、態度が大きかったり、椅子に深々と座るなど、横柄な態度だと感じさせた時点で、面接官の第一印象が悪くなり、その後の質疑応答にも影響が及びます。

 

 転職サイトやわかものハローワークを活用すれば、事前に模擬面接をお願いすることができるはずですので、お願いして事前にチェックを受けることで、心証が少しでも良くなるようにアドバイスをもらいましょう。

 

 いかに能力があっても、入社後の人間関係に不安を残す応募者は、内定を得ることはできないと、心得てください。

 

 

【関連記事】

 


トップページ 役立つ40歳転職5つの流れ おすすめ転職サイト