円満退職が転職成功の必須条件

円満退職と転職成功がどう関連するのか

 

 40歳での転職の場合、大半がこれまでキャリアを積んできた業界や職種であるはずです。その場合、転職先と現職での取引先が重なっていたり、仕事で顔を合わせる機会がないとは言い切れません。

 

 勤務先と退職トラブルを起こすと、業界内にどんな噂を流されるかわかりませんし、人はゴシップが好きなものです。それが事実か事実でないかではなく、悪い噂が定着することが問題で、それは転職先での仕事にどんな悪影響をもたらすか、わかりません。

 

 勤務先には礼を尽くして円満退職をし、その後も良好な関係を築くことに注力してください。

 

円満退職のための段取り

 

 円満退職は、慣例を守って段取りをすることが何よりも大事です。退職の意向は、就業規則で定められた日程から1〜2カ月前に、直属の上司に口頭で伝えます。

 

 そのうえで、直属の上司と相談しながら引き継ぎの段取りをくみ、会社側と退社日を決定します。会社が退職を発表するまでは口をつぐみ、マニュアルの作成など、自分一人でできる引き継ぎ準備を始めます。

 

 退職がオープンになってからは、退職日の3日前にはすべての引き継ぎが終われるように、しっかりスケジュールを組んでおきましょう。

 

 

 

【関連記事】

 


トップページ 役立つ40歳転職5つの流れ おすすめ転職サイト