入社を決める前のチェックポイント

面接時のチェックポイント

 

 40歳での転職は、その後のキャリアプランだけでなく、家族を含めたライフプランにも、大きな影響を与えます。だからこそ面接時には、自分が入社して後悔のない会社かどうかを、自分の目で確かめるという意識をもって、臨むことが大切です。

 

 勤務条件についてダイレクトに聞くことは、面接のマナー違反になりますが、社風や仕事をするうえでの価値観について聞くことは、失礼にはあたりません。

 

 逆質問を促されたときに、「チームでの仕事の進め方」や「面接官が日頃の仕事の中で大事にしている価値観」について、質問してみることで、予測をたてることができるはずです。

 

 事前に確認しておきたいことについて、逆質問を用意しておきましょう。

 

内定後のチェックポイント

 

 応募企業から内定の連絡があったら、入社の諾否を伝える前に、すべきことがあります。それは、「労働契約内容」を確認することです。

 

 これは、雇用主と労働者の間で、労働条件を明確にするための書類で、労働基準法で明示するよう定められています。仕事内容や勤務地、勤務条件などを確認し、納得してから入社を承諾します。

 

 勤務条件について交渉したいなら、ここが最後のチャンスです。

 

 

 

【関連記事】

 


トップページ 役立つ40歳転職5つの流れ おすすめ転職サイト