会社から引き止めにあった時の対処法を順番に見ていきましょう

退職理由や振る舞いをコロコロと変えないこと

 

 退職する意思を伝えた時、会社から引き止めにあったら、多くの人は退職理由を明確に告げることを試みるでしょう。相手に納得してもらうためには必要な対処法だと思います。

 

 しかし、それでも引き止めが終わらなかった場合、もしかしたら、さらに強烈で納得せざるを得ない退職理由を伝えようと考えるかもしれません。もし、そうして告げるつもりの退職理由と、最初に告げた退職理由が違っているのであれば、少し考え直してください。

 

 退職理由もそうですし、振る舞いにも言えることですが、これらをコロコロと変えると一貫性が無くなり、逆に付け入る隙を与えることにもなりかねません。大事なのは貫くこと。どんなに引き止めにあっても、これだけは崩さないように心がけましょう。

 

意志の固さと共に「感謝」も伝えること

 

 退職する意志は変わらない、それを会社側に提示することはとても重要なこと。しかし、その確固たる意志が先行し、また、会社からのしつこい引き止めも相まってケンカ腰になったり雰囲気が悪くなってしまったら最悪。

 

 そうならないよう、退職の意志の固さはしっかりと伝えるものの、それと同時に感謝を伝えることも忘れないようにしましょう。どんなにしつこい引き止めにあったとしてもです。

 

 最終的に納得してもらうためには、こちらも感情的になってはならず、相手を立てなければなりません。そうすることで、例え納得してもらうまで時間がかかったとしても、最終的には円満退職となる可能性が高くなるでしょう。

 

引き止めが悪質な場合には専門機関に相談を

 

 会社からの引き止めといっても、頭を下げられ慰留を促されるケースもあれば、脅しのように高圧的な態度で迫ってくるケースもあるなど、さまざまな状況が考えられます。

 

 もし後者のような厳しい引き止めにあい、精神的に追い込まれたり、給与等の未払いにまで発展してしまうようであれば、しかるべき専門機関に相談するしかないのかもしれません。

 

 労働基準監督署や労働局と呼ばれる組織が存在しているので、そこに相談してみましょう。何かしらの、且つ、適切なアドバイスをくれるはずです。

 

 

 

 

【関連記事】

 

 

 

 

 


トップページ 役立つ40歳転職5つの流れ おすすめ転職サイト