転職で利用できるものはすべて使い切れ

 40歳となれば管理職経験もあって、バイタリティと経験に裏打ちされたスキルがあるから、転職市場でもそれなりに高いニーズがあると思うのですが、実際はどうなのでしょうか? 早速今どきの40歳からの転職事情がどんな具合かをネットサーフィンしてみてみます。すると「日本では年を取ることによって転職が不利になる…」といきなり予想に反する展開です。

 

 しかし本当に日本だけなのでしょうか? アメリカのホームドラマや映画で描かれるビジネスシーンにはたいてい年輩のボスがいて複数人の部下を束ねています。例えば一人のボスに10人の部下といった具合に。つまり年輩のボスは部下の10個分のポジションを独り占めしている格好です。別の言い方をすれば、若者の求人は10件あるのに、年配者、例えば40歳以降の求人はたった1 件しかないということです。これは日本もそうですが、広く世界中の企業にいえることではないです。つまり年を取ることによって転職が不利になるというのは日本だけじゃないのです。また、欧米では、40歳を越えても人脈と豊富なスキルがあれば積極的に採用するが、日本では…といっています。これについても、豊富な人脈と経験があれば40代でも50代でも魅力なのは我が国でも一緒です。ヘッドハンティングは我が国でも定着しています。

 

 このように40歳からの転職は決して簡単ではありませんが、それは皆、そしてどこにいても殆んど状況は変わりません。ですから周到な準備が大切になってきます。実務を証明する資格を取ったり、人脈を作ったり、辿ったり、人材コンサルタント会社への登録、そしてもっとも大切な現職に就きながらの転職活動等々、利用できるものはすべて使い切るつもりで、慎重には慎重を重ね、人生最期の転職を実現してください。

 


40代後半転職 | 実績から厳選した転職サイトランキング
35歳からの転職[おすすめの転職活動方法を紹介]


トップページ 役立つ40歳転職5つの流れ おすすめ転職サイト